ソニーが新型携帯ゲーム機を開発中!?

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
ニュース

ソニーが新型のPlayStation携帯ゲーム機を開発し、携帯ゲーム機市場に再参入するとの情報がもたらされました。

昨年発売された「PlayStation Portal リモートプレーヤー」は、あくまでもPlayStation 5のリモートプレイ専用機で、それだけでゲームをプレイすることができません。

今回開発が噂されている新型携帯ゲーム機は、ソニーが過去に発売したPlayStation PortableやPlayStation Vitaと同じく、ネイティブにゲームをプレイできる純粋な携帯ゲーム機であるようです。

Nintendo Switch次世代機Xboxの携帯型ゲーム機の発売が噂される中、ソニーも携帯ゲーム機市場に再参入するとなると、将来、携帯ゲーム機市場が盛り上がること間違いないでしょう!

スポンサーリンク

ソニーが新型携帯ゲーム機を開発中

ハードウェアリーカーのMoore’s Law Is Deadによると、ソニーが非ストリーミング型の新しい携帯ゲーム機を開発中であることを伝えました。

この携帯ゲーム機はPlayStation PortableやPlayStation Vitaと同じように、ストリーミングなどを必要とせず、それ自体でゲームをプレイすることができるとのことです。

PS4とPS5のゲームがプレイ可能か

Moore’s Law Is Deadの報告によると、このデバイスにはカスタム AMD APU が搭載される予定とのことです。

また、PlayStation 4ゲームとのネイティブ下位互換性を維持しながら、PlayStation 5タイトル用の「プロ版パッチ」を受け取る可能性があるとも述べられています。

以下は、Moore’s Law Is Deadが伝えた新型携帯ゲーム機の予想です。

新型携帯ゲーム機の予想
  • 18基のCU(演算コア)を搭載
  • 8GBメモリ搭載
  • DDR5またはLPDDR5を登載

発売時期は?

新型携帯ゲーム機に搭載されるカスタム AMD APUは、「現在、高レベルの設計段階にあり」、「少なくとも2年はかかるが、技術的にはまだ発売にゴーサインがでていない」と述べています。

また、Moore’s Law Is Deadによると、この新型携帯ゲーム機は「PlayStation 6」ファミリーの一部になると予想しています。

PlayStation 6は2028年以降の発売が噂されていることから、新型携帯ゲーム機も同じく2028年以降の発売になると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました